瞑想


大乗仏教の中観派が自立論証派と帰謬論証派に分かれたのはなぜか?

先日から、空の思想を主張した大乗仏教の中観派が、なぜ自立論証派と帰謬論証派に分かれたのか考えていた。学生時代にも習ったはずなんだが、両者の違いをきちんと整理して理解できなかったのは絶望的な非才というべきか。とはいえ学生時代に使っていた専門書を読み返してみても書かれていない。学者も分かっていないのか・・・まあそれはともかく、今になって勉強しなおしてみると、理解できたりすることもある。


有形象知識論と無形象知識論

宮本啓一先生の『インド哲学七つの難問』という本を読み返している。

難問の一つに有形象知識論と無形象知識論が出てくる。大学生時代の時にもこれを習ったんだが今ひとつ分からなかった。宮本先生の本を読み直して、イメージがつかめるようになった。有形象/無形象というときの形象とは表象のことのようだ。